記事一覧

日焼けに注意しよう

脚

日焼けしていると施術NGとなることも

エステサロンや脱毛サロンで全身脱毛を受けたいと考えているのであれば、脱毛前・脱毛後も日焼けをしないよう気を付ける必要があります。これらの施設で導入されている脱毛法は光脱毛が主流で、日焼けしている肌だと施術がNGとなるケースも少なくありません。光脱毛は黒い色に反応する光を肌に照射して無駄毛を処理していくのですが、日焼けしている肌だと毛根ではなく肌細胞に光のダメージを与えてしまいます。毛根にダメージを与えられないため脱毛効果が出ないだけでなく、肌を傷めてしまう要因にもなるため、日焼けしている部位は施術を行わないケースが多いのです。日焼けをしたことで脱毛が受けられないとなると、全身脱毛が終わるまでにかかる期間が延びてしまうことも考えられます。脱毛を始める前はもちろん、施術を受けた後も紫外線を浴びるといつも以上に紫外線のダメージを受けて、シミができやすくなるので注意が必要です。ですので、全身脱毛をエステサロンや脱毛サロンで始めるときは、必ず紫外線対策を行わなければいけません。シミ予防のために顔は常に紫外線対策しているという人も多いですが、うなじなどはついうっかり焼いてしまうケースもあるでしょう。各エステサロン・脱毛サロンによって全身脱毛で施術を受けられる部位は異なりますが、多くのプランがうなじ脱毛が付くまれています。うっかり日焼けをしてしまいやすい部位はうなじの他に、腕などもあるので全身脱毛を始めるときは全身注意して、紫外線対策を行うことが必要です。

Copyright© 2019 自己処理での肌トラブルを避けるためにもエステサロンでの施術がおすすめ All Rights Reserved.